白石市及び白石中学校の概要

1 位置と環境
  白石市は,宮城県の南端に位置して福島県に接し,東は丸森町,角田市,大河原町に,北は蔵王町に,西は七ヶ宿町に接している。
 面積285.94km2で,東西およそ18km南北およそ20km,北緯38度線は白石駅・旧刈田病院・白石城跡を通り,東経140度30分の線は,
 市の 西端を通っている。
  市の西部は,蔵王連峰の一部で,その山麓を南西から北東へ,白石川が流れ.斉川・児捨川・高田川などが合流する。ほぼ盆地状
 の地域で,白石川下流方向だけが開けている。
  交通においては,国道4号線と東北自動車道が,市街地の西を南北に通り.東北本線と東北新幹線が,市街地の東を南北に走り,
 白石IC・白石駅・白石蔵王駅は,首都圏と市内・県内を結ぶ拠点になっている。

  市の人口は,男17,372人,女18,156人,世帯数14,099戸(平成28年2月29日現在)

2 学区の概略
 本校は,白石市の中央部で,白石一小と白石二小の学区のうち東北本線の西側(小下倉は東側も含む)と,大平小の学区全部(束北本線の東側も)とを学区にしている。
 昭和63年,東中との分離・統合によって,生徒数は六割ぐらいに減少した。
 学区は,江戸時代からの城下町を中心に,周辺の新しい住宅地と農村部とが含まれるが,大都市に似たドーナツ化現象が起きており,中心部の生徒が減少し,住宅地の生徒が増加する傾向にある。
 学区民は,温和で明朗,学校教育にも協力的である。生徒も,それを反映し,明るく素直でよく協力し,落ち着いた学校生活を送っている。


            学校教育目標・経営の方針
1 教育目標
  健康な身体と豊かな感性をもち,確かな学力を身に付けた,
    何事にも自主的・自律的に取り組み続ける気品ある生徒の育成
 


                  校    訓 

    ・ 不 撓 不 屈  ・友  愛   ・自  主   


            目指す生徒像

(1) 夢をふくらませ,その実現に向かって努力する生徒  (不撓不屈)
 
(2) 思いやりと奉仕の心で,生活を豊かにする生徒     (友 愛)
 
(3) 主体的に判断・行動し,よりよく問題を解決する生徒  (自 主)
 


2 学校経営の基本方針
  
 (1) 生徒一人一人の自己実現に努める学校の創造
 (2) 文武両道の実現を目指す学校の創造
 (3) 「仙南の星」の名にふさわしい,品格ある学校の創造

3 指導の基本姿勢
 (1) 信頼関係を築くことからはじめ,笑顔で,人間教育を行う教師
 (2) 自分の持ち味を生かしながら,前向きに,組織として働く教師
 (3) 情熱をもち,優先順位をしっかりと判断して,粘り強く指導する教師


                                                      TOPへ